こちらのページでは首都圏にある代表的な花き市場の紹介をしていきます。

FAJ(フラワーオークションジャパン)

 

FAJは、花き市場の中では日本花き卸売市場協会によれば全国最大級の取引量があると言われており、それに伴い施設の大きさもかなりの広さがあります。

 

所在地は、東京都大田区で、電車ではやや行きにくい場所に立地しています。

 

市日は切り花と鉢物で分かれており、切り花は月・火・水・金・土曜日、鉢物は火・木・土曜日となっています。

 

特徴は「下げゼリ方式」を用いているところで、通常のせりは金額がどんどんと釣り上がっていく仕組みが有名ですが、FAJは金額が徐々に下がっていき、一番最初に手を上げた方が購入できるという仕組みになっています。

 

砧花き

 

2001年4月にオープンした比較的新しい市場です。東京都中央卸売市場内にあります。

 

所在地は、その名の通り東京都世田谷区砧に立地しています。

 

市日は、毎週火・木・土曜日となっています。

 

特徴は、鉢物に関して一般的な観葉植物であればほぼ問題ないレベルで仕入を行えることに加えて、樹形の特徴的(おしゃれ)な植物の取扱が他の市場と比べて相対的に多いところになります

 

 

第一花き(北足立市場)

 

昭和62年にオープンした伝統的な市場です。

 

所在地は、東京都足立区に立地しています。

 

市日は、FAJと同様に切り花と鉢物で分かれており、切り花は月・火・水・金・土曜日(ただし、月・水・金曜がメイン)、鉢物は火・木・土曜日となっています。

 

特徴は、「手ゼリ」を行っている点です。昨今では機械を用いたセリを導入しているところが増加傾向にありますが、一方で第一花きは昔ながらの方式である「手ゼリ」をお位までも行っています。

 

 

・東京フラワーポート

 

平成12年にオープンした市場で、切り花、鉢物園芸品、加工品を取り扱っています。

 

所在地は、東京都江戸川区臨海町に立地しています。

 

市日は、月・水・金曜日は朝7時から、火・木・土曜日は朝7時半からとなっています。

 

・東日本板橋花き

 

所在地は東京都板橋区中島平に立地しています。

 

平成12年にオープンしており、それまでもは平成5年からオープンしていましたが、板橋花きと合併に今の社名に変更となりました。

 

市日は切り花と鉢物で分かれており、切り花は月・火・水・金・土曜日、鉢物は火・金・土曜日となっています。

 

特徴はセリ台8レーンを有するオークション会場で、超大型(110インチ) のプロジェクタにセリ情報が表示されるようになっているところです。

You can add up to 10 elements, position them left or right, change vertical position, change icon img, background color and more...
myStickyElements is simple yet very effective plugin. It is perfect to fill out usually unused side space on webpages with some additional messages, videos, social widgets ... more about plugin