JAレーク大津

JAレーク大津
HOME サイトマップ リンク 個人情報について 採用情報
JAレーク大津の紹介
事業概要
店舗一覧
ディスクロージャー
インフォメーション
What's new
キャンペーン情報
お知らせ
女性部
年金友の会
営農情報
農事メモ
家庭菜園
経済事業
地元野菜直売所
JAバンク
JA共済
おすすめ特産ページ
エンジョイライフ
今月のあなたの運勢
みんな仲良く百歳食

大津のブランド米「はなふじ」のご案内

ヘアリーベッチを緑肥とした水稲栽培
安全・安心な大津のブランド米「はなふじ」
 大津市では平成20年からヘアリーベッチによる水稲栽培を行っており、生産された米は「はなふじ」と名付け、JAレーク大津の直売所を中心にブランド米として販売してます。
 はなふじ米は地元大津市で生産された米(コシヒカリ)で、化学肥料を使用せず、しかも滋賀県の「環境こだわり農産物」
(注)の認証を受けており、安全で安心な米として生産されています。また、食味が良いことからリピーターが多く、販売は好調です。
(注) 環境こだわり農産物とは、農薬や化学肥料の使用量を通常の半分以下に減らしたり、琵琶湖や周辺の環境にやさしい技術で栽培された農産物です。

1.ヘアリーベッチについて
 ヘアリーベッチはレンゲと同じマメ科の一年草で、葉はカラスノエンドウに似ています。5月中旬頃に小さな藤色の花が咲きます。花の形と色が藤の花に似ていることから、和名で「ビロードクサフジ」「ナヨクサフジ」と呼ばれています。
 実は、ブランド米の名前を関係者で検討していたとき、ヘアリーベッチの花が藤の花に似ていたことから「はなふじ」と名付けた経緯があります。
 ヘアリーベッチの特徴の1つは、旺盛な生育量です。鋤き込まずにそのまま放っておくと50〜60cmの高さまで生長することがあります。また優れた緑肥効果もあり、水稲の前作に栽培して所定の量を鋤き込むと、まったく肥料を施用せずに栽培することも可能です。



ヘアリーベッチ(写真)を鋤き込んで緑肥に。

2.はなふじ米の栽培方法(ヘアリーベッチによる水稲栽培)
 ヘアリーベッチの播種は、前年秋(10月上中旬)に行い、鋤き込みは4月中〜下旬頃で、所定の生育量に達した時期に行います。
 田植えは、鋤き込み後の6〜14日の間に行います。田植えの時期は鋤き込み後早過ぎると、還元障害による植え傷みが生じ、逆に遅すぎるとチッソの分解が進んでしまい、緑肥効果が半減するので注意が必要です。
 田植え後の管理は慣行栽培と同じですが、ヘアリーベッチが所定の量鋤き込まれ、田植えの時期が適正であれば、元肥だけではなく、追肥と穂肥も不要となることが大きなメリットです。

3.はなふじ米の収量と食味
 はなふじ米の収量は、ほ場によってヘアリーベッチの生育不良による水稲の生育不良や、逆に過剰による倒伏などがあるため、慣行栽培と比べ同等〜やや少ないのが現状です。
 しかし肥料代が節約でき、施肥作業が省略できることから生産者の評価は高く、平成20年は2.5haしかなかった栽培面積は、平成22年は17.9haまで面積が増加しました。
 食味については、平成20年にA集落のはなふじ米と慣行栽培の米の比較(モニター20人の食べ比べと食味計による測定)をしました。モニターによる結果と食味計による結果の両方とも、はなふじ米の点数が上回り、はなふじ米の食味は慣行栽培より良いことが証明されました。

4.好調な販売の「はなふじ米」
 はなふじ米はブランド米であるため、直売所で最も高い値段設定で販売していますが、消費者に根強い人気があり、直売所における米の売上高(平成21年度)では、6品目の中で2番目に高い売上高を記録しています。これは、はなふじ米が地元のブランド米として消費者に十分認識されているに他ありません。
 大津市のブランド米となったはなふじ米。値段は少し高いですが、安全・安心でおいしいお米です。是非多くの方々に食べていただきたいと思います。
はなふじ米を含め、湖都大津のお米「蔵出し玄米」のご案内はこちら
 

本田で肥料を使わず緑肥ヘアリーベッチの養分だけで育ったお米


玄米1kg(精米0.91kg)あたり
http://www.cfp-japan.jp
登録番号CR-AA02-13003
温室効果ガス排出量を28%削減!
はなふじ米が、カーボンフットプリントマークの
使用を認められました!


 マメ科の1年草ヘアリーベッチを鋤き込んで緑肥とし、本田で肥料を全く使用しないで栽培した大津産米コシヒカリは、JAレーク大津が「はなふじ」という名称で販売し、好評を博しているところです。
 はなふじ米の栽培方法において温室効果ガス(CO)排出量を試算し、消費者に開示するために、カーボンフットプリント(CFP)試行事業(経済産業省)に基づく試算を、立命館大学、(農)堂営農組合の協力を得て実施。その結果はなふじ米は、本田で肥料を使用する栽培に比べて、CO排出量が28%少なくなるという試算結果が出、専門家らで組織するCFP検証パネルの場で数値の表示が認められました。
 このカーボンフットプリントとは、製品が作られてから捨てられるまでのライフサイクルの過程で排出されたCOを表示し、低炭素社会に向けて消費者への「COの見える化」を促進するものです。2009年度〜2011年度にかけての3年間、経済産業省をはじめとする4省庁の主導により「カーボンフットプリント制度施行事業」が行われました。2012年4月より、国からその事業を継承して、「カーボンフットプリントコミュニケーションプログラム」が設立され、現在の運営は一般社団法人産業環境管理協会が行っています。
 JAでは、グリーンファームで、このはなふじ米をカーボンフットプリント(炭素の足跡)の店頭表示をして販売します。
 
本件に関するお問い合わせ

JAレーク大津

営農部  TEL 077-525-4344

お問い合わせ時間:平日(月〜金)8:45〜17:00
※祝日は除きます

Copyright (C) 2016 JAレーク大津 All rights reserved.