JAレーク大津

JAレーク大津
HOME サイトマップ リンク 個人情報について 採用情報
JAレーク大津の紹介
インフォメーション
営農情報
農事メモ
家庭菜園
経済事業
地元野菜直売所
JAバンク
JA共済
おすすめ特産ページ
エンジョイライフ
営農情報 > 農事メモ

農事メモ5月号

水 稲
 水稲栽培において大切な作業が続きます。良質米生産に欠かせない作業ですので、いま一度内容をご確認ください。

水管理
 田植え後は活着を促進することと、除草剤の効果を高めるために深水管理としますが、活着後、深水を続けると逆に水温が上がらず生育が遅れますので、苗が活着したら深水は避けましょう。
注意 … 強風注意報や霜注意報が出た場合は、深水管理
有害ガスが発生している様子。常に湛水された圃場では、移植後の気温の上昇とともに土中の酸素濃度が少なくなり、有害ガスが発生して還元障害を起こす場合がよくあります。
 5月下旬〜6月にかけては、気温も上昇し稲の生育も旺盛になる反面、土中の有機物の腐熟による有害ガスが発生して酸素濃度が少なくなり、稲が還元障害を起こしているケースをよく見かけます。
 生育初期に還元障害が起こると、根が傷んで根張りが悪くなり、分けつしなくなります。こうした現象は、登熟に悪影響を及ぼし玄米品質が低下しやすくなります。田植え後は定期的に田んぼに足を踏み入れて、土中から泡が出る場合は軽く干すことが大切です。
 鹿は水稲苗が活着後、水面より上を食害する傾向がありますので、被害が予測される圃場は、定期的に深水管理を心がけてください。

中干し
 土中に酸素を入れ、根の健全化を図る目的で落水し、中干しを行います。時期は、1株の茎数が目標穂数の8割になったら開始します。
 生育の状態で変わりますが、大まかな時期としては6月10日〜25日頃、または追肥施肥後5日頃から行い、緩効性肥料施肥圃場もこの時期を目安に中干しを行ってください。ただし、土面にヒビが入るほどの過剰な中干しは根を傷めることになるため、1回かけ流しするなど圃場の条件に合わせ、極端な中干しにならないように注意してください。
 また、中干しの困難な圃場は溝切り・予備干しなどを実施してください。
 中干しのタイミングは生育状態により異なりますが、下記の表を参考にしてください。


野 菜
 夏野菜は「追肥で栽培! 冬野菜は元肥で栽培!」といいますが、5月〜7月にかけては、いろいろな作物の追肥時期です。表を目安にして追肥を行ってください。
 特にトマトは早く追肥をすると草勢が強くなり過ぎ、実どまりしにくくなりますので、着果し果実がピンポン玉以上に肥大したことを確認してから追肥を開始してください。
夏野菜の追肥ポイント
梅雨時期に発病しやすい病気と症状



<前月 農事メモバックナンバー ▲ページトップ 
Copyright (C) 2017 JAレーク大津 All rights reserved.