JAレーク大津

JAレーク大津
HOME サイトマップ リンク 個人情報について 採用情報
JAレーク大津の紹介
インフォメーション
営農情報
農事メモ
家庭菜園
経済事業
地元野菜直売所
JAバンク
JA共済
おすすめ特産ページ
エンジョイライフ
営農情報 > 農事メモ

農事メモ6月号

水 稲
追 肥
元肥に「イネジョーブ」施肥の場合の施肥量 
                           (5月10日頃田植え)
※5月20日以降の田植えは、
  少なめの施肥を心掛けてください。
 6月は追肥の時期です。
 元肥として緩効性肥料(セラコートなど)を施用された場合は追肥の必要はありませんが、元肥にレーク大津専用肥料「イネジョーブ」を施用された場合は追肥が必要となりますので、右表を参考に適期に施用してください。
中干し
 6月に入ると気温が上昇して稲の生育も旺盛になり分げつも増加しますが、過剰な分げつは根の活力低下や屑米の増加につながります。また、気温の上昇に伴う土壌中の有機物の腐熟によって有毒ガスが発生(株本が黒くなったり、田に入ると泡が出てくる状態)し、根の生育を阻害することがあります。茎数が17〜18本(60株/坪)程度になったら、過剰な分げつを防ぎ土壌中に酸素を入れるために、地面に小ヒビが入る程度に中干しを行いましょう。

除 草
 初期・中期除草剤を散布した圃場でも多年生雑草が多く発生することがあり、稲に悪影響を及ぼすことがありますので、中・後期除草剤を施用しましょう。雑草が大きくなってからでは効果が低い場合もありますので、使用時期や雑草の種類によって薬剤を選択し、なるべく雑草が小さい間に散布しましょう(下表参考)。
除草剤名と散布時期および施用方法
                                                                   (10aあたり)
 
穂 肥
 穂肥の施用量および時期については表3を参考に、幼穂・葉色を十分に確認したうえで施用してください。
みずかがみを栽培されている方は、環境こだわり農産物認証制度で、化学合成農薬は7成分以下化学肥料は化学窒素成分4kg/10aと使用に上限がありますのでご注意ください。
品種別の施肥要領と施肥時期
                                                       (5月10日頃田植え、10aあたり)


施用量などについては、その時点での茎数や葉色に応じて調整が必要です。また、施肥量は最大値ですのでご注意ください。
7月上旬に現地農談会を開催予定ですので、ぜひご活用ください。


野菜の追肥
 夏野菜栽培の最盛期を迎えるにあたり、追肥のポイントとよく起こる障害への対策をいくつかご紹介します。
 
上記の表は燐硝安加里S604を施用した場合です。野菜有機S2号やB入り868を施用される場合は約2倍、油粕や鶏糞を使用する場合は約3倍の量を施用してください。



<前月 農事メモバックナンバー ▲ページトップ 
Copyright (C) 2017 JAレーク大津 All rights reserved.