JAレーク大津

JAレーク大津
HOME サイトマップ リンク 個人情報について 採用情報
JAレーク大津の紹介
インフォメーション
営農情報
農事メモ
家庭菜園
経済事業
地元野菜直売所
JAバンク
JA共済
おすすめ特産ページ
エンジョイライフ

間引き、整枝、摘葉


 畑にじかに種子をまいたり、苗作りで育苗箱にまいたりする場合、通常は厚まきにするため、発芽すると密生状態になります。小さいうちは、密生している方が「共育ち(共存)」の現象で、お互いにかばい合ってよく育つものです。
 しかし、そのまま密生にしておくとお互いに「競合(競争)」し合い、全てが軟弱徒長状態になってしまいます。そのため間引きをして適当な間隔を与えてやる必要があります。
 間引きは1回で済ませるのではなく、育ちに応じて2〜3回行うのが生育にとって合理的です。ダイコンの例は図示した通り、本葉1枚のころと、3〜4枚のころ、6〜7枚のころと、3回行うのがよいでしょう。1回目は子葉の形に注意し、異常に大き過ぎたり、不整形のものは根が変形したりしやすいので、除外して整った形の株を残すよう注意しましょう。ニンジンは部分的に密生しやすいので、遅れないよう丁寧に間引きをすることが大切です。いつまでも込み過ぎていると根の肥大を大きく損ね、形の悪いものになってしまいます。

 良質の果実をたくさん収穫したい果菜類は、摘心、整枝、摘葉を適切に行い枝の配置を良くし、各葉に太陽光を十分に与え、果実の付く位置や、着果数に応じた健全な葉数を確保することが大変重要です。
 通常主枝一本仕立て(トマト)、主枝+側枝二〜三本仕立て(ナス、ピーマン、スイカ、メロン、カボチャ)、主枝+子つる+孫つる(キュウリ)など、種類別の整枝法をよく理解して、時期を逸せず入念に行うことが大切です。
 また、茎葉が盛んに伸び、各葉が込み合うようになったら、老化した葉や陰の葉、病害虫にかかった葉は適宜摘葉して、畝内の通風、採光を良くしてやりましょう。
 内側に伸び、葉の込み合いをひどくしている側枝は、茎の中ほどから切り取ることも必要です。
 なり盛りを過ぎ、弱った株の勢いを回復する積極的な整枝、摘葉法として、これから行うナスの更新剪定(せんてい)を参考までに図に示しました。

 


板木技術士事務所●板木利隆
情報提供:日本農業新聞

「家庭菜園」一覧
Copyright (C) 2017 JAレーク大津 All rights reserved.