JAレーク大津

JAレーク大津
HOME サイトマップ リンク 個人情報について 採用情報
JAレーク大津の紹介
インフォメーション
What's new
キャンペーン情報
お知らせ
女性部
年金友の会
営農情報
地元野菜直売所
JAバンク
JA共済
おすすめ特産ページ
エンジョイライフ

2月のトピックス

農業組合長会議
地域農業活性化について    2月1日(月)
 大津市役所で農業組合長会議が開かれ、管内136農業組合の組合長をはじめ、担い手組織・農家や関係機関などが参加。
 県内農業の情勢報告や、近畿農政局大津地域センターより経営所得安定対策と需要に応じた米生産の推進のほか、JAが取りまとめる米の出荷申請や水田活用米穀について説明されました。
 当JAは今後も関係機関と連携しスムーズな対応を図ることを再確認するとともに、地域の農業の活性化を促すため、組合員の皆さまと一丸となって取り組んでまいります。


JA女性部北小松支部
リクエストで針金モップ作り    2月2日(火)
当JA女性部北小松支部が、針金モップ作りを楽しまれました。
 家の光図書記事活用クラブの針金モップ作りの記事を広報誌「かけはし」でご覧になり興味を持たれた当JA女性部北小松支部の方から、「私たちも作ってみたい」とリクエストをいただきました。
 部員14名に持参いただいたのは、針金ハンガーと毛糸。「わたしに細かい作業ができるかな…」と不安気な方もおられましたが、作り始めてみるとその不安も払拭された様子で、器用にテキパキと作業をすすめておられました。細かい工程が多いため時間はかかりましたが、「おかげでお喋りが楽しめた」「認知症予防にもなるなぁ」「近所の友だちにも教えるわ」と手を動かしながら談笑されていました。
 色彩に富んだモップは「部屋に置いておいても可愛い」と好評。お掃除道具が可愛いって、いいですよね!


しが女性協議会
永遠のリゾート、ハワイの旅    1月30日(土)〜2月3日(水)
 女性仲間づくりの旅としてしが女性協議会のハワイ旅行が行われ、当JA女性部から5名が参加されました。
 ヌアヌパリ展望台やイオラニ宮殿などを観光されたほか、日系の女性と交流し日本とハワイの生活の違いなどを懇談しながらの食事や、フラダンスの鑑賞、特別オプショナルツアーで農場体験もされ、ハワイでの作物の栽培方法や化学肥料や農薬を使用しないオーガニック栽培の方法の見学など、興味の尽きない旅となりました。
 参加者からは、「次は日程をもう少し長くして、改めて行ってみたい」との声がたくさんあったようです。
本場のハワイでフラダンスを鑑賞し、実際に体験してみた参加者の皆さん。


廃プラと廃棄農薬の回収
環境にやさしい農業を実践    2月6日(土)、7日(日)
管内5施設で、廃プラと廃棄農薬の回収を行いました。
 管内5施設で、農業用使用済みプラスチック(廃プラ)と廃棄農薬を回収。組合員の方にも荷下ろしにご協力いただき、育苗箱2,834箱、肥料袋374束のほか、多くのあぜ波やハウスビニールを回収し、廃棄農薬は約1.3トンを回収できました。
 廃プラ回収は、生活環境を守り「環境にやさしい農業」を実践して安全・安心な農産物を生産していくため毎年実施。回収した廃プラはリサイクルされ、新たなプラスチック製品となって再利用されます。また、廃棄農薬の回収は3年に1度行っており、今後も生産者の皆さまに農薬の適正な使用や管理を呼びかけ、安全・安心な産地づくりを目指します。


冬季水稲農談会
平成28年産水稲栽培へ    2月6日(土)〜9日(火)
冬季水稲農談会を当JA管内6会場で開きました。
 冬季水稲農談会に、南営農経済センター管内は3会場22名、北営農経済センター管内は3会場21名の方に参加いただきました。
 平成27年産米の水稲栽培をふり返って、気象状況や生育状況、検査結果のほか、28年産米の栽培に向けて土づくりや施肥設計、病害虫防除対策などを説明。種子更新や生産履歴記帳、水田活用米穀などについても資料をもとに説明しました。


新春特別企画
ジュエリーコレクション2016    2月10日(水)〜11日(木)
4年ぶりに開催したジュエリーコレクションに多数ご来場いただきました。
 ジュエリーコレクション(会場=大津プリンスホテル)を4年ぶりに開き、両日で476名にご来場いただきました。
 会場には数々の豪華なジュエリーが並び、来場者はそのきらめきに誘われるようにジュエリーを手に取って優雅なひとときを過ごされました。また、毎回好評をいただいているジュエリーのクリーニングや修理、リフォームも承ったほか、バッグや時計・ウィッグなども展示販売。
 今回のパスポートの特典は、大津プリンスホテルの最上階にあるスカイラウンジ「トップオブオオツ」のストロベリーブッフェへご招待。3種類のいちごが食べ放題で、約30種類もの充実のツイーツ・軽食を割引価格で楽しんでいただきました。


税務相談会
税制改正対策学習会    2月13日(土)
 本店で税務学習会を開き、11名が参加されました。
 第1部では今年からの重要な税制改正のポイントと対策のほか、マイナンバー制度の影響についての税務セミナー行い、第2部ではパナホーム(株)リフォーム事業部の方からリフレッシュ工事の実例を紹介しながらの賃貸住宅リフォームセミナー、第3部では個別相談会を実施しました。


第62回JA全国青年大会
地域を耕し未来を耕す    2月16日(火)〜17日(水)
 日比谷公会堂(東京都千代田区)で第62回JA全国青年大会が行われ、全国から1,486名が参加。当県からも滋賀県農協青壮年部協議会の副委員長と監査委員、JAレーク大津青年部部員(当JA営農部部長)など16名が参加されました。
 地域農業の活性化をめざし、JA青年組織として、JA青年組織だからこその機能を十分に発揮した活動を展開していきたいと思います。


食と農のミニカルチャー教室
人気のそば打ち体験    2月24日(水)
管内の消費者7名がそば打ちを体験。捏ねるのも均等に切るのも難しい作業でした。
 食と農のミニカルチャー教室として一日体験ができる「そば打ち体験」をJA本店で開き、組合員の増田さんが指導のもと、管内の消費者7名が参加されました。「いつか、そばを自分で栽培するところから行う喜びと楽しさを知ってほしい」と夢を持つ増田さん。なんとすでに、プランター栽培や一坪栽培に挑戦している受講生も。各々そば粉を強力粉と混ぜ、水分量の調整に気をつかいながら捏ねて、薄く伸ばして重ねた生地を専用の包丁で切っていきました。
 作業は単純ですが、捏ね具合や水分量、切る太さによって、味ものどごしも変わる難しいそば作り。初めて自分でそばを打った受講生らは、「コシがあって満足」としながらも、その腕を上達させたいと早くも次の開催を希望されていました。


その他2月のトピックス

2月10日(水) アグリスクール保護者が対象 ママさん集まれ〜!
2月17日(水) たすけあい組織「げんきの会」ふれあいサロン
2月20日(土) 第9回アグリスクール クッキング&卒業式


バックナンバー 1月のトピックス ▲ページトップ 
Copyright (C) 2016 JAレーク大津 All rights reserved.