JAレーク大津

JAレーク大津
HOME サイトマップ リンク 個人情報について 採用情報
JAレーク大津の紹介
インフォメーション
What's new
キャンペーン情報
お知らせ
女性部
年金友の会
営農情報
地元野菜直売所
JAバンク
JA共済
おすすめ特産ページ
エンジョイライフ

4月のトピックス

金融部進発式
地域に信頼される金融機関をめざして    4月11日(火)
高くこぶしを突き上げて、参加者全員で気合いを注入しました。
 支店長代理や出張所長をはじめ、信用渉外担当者やライフアドバイザーらが一堂に会し、当JA本店で平成29年度金融部進発式を開きました。
 はじめに井上理事長が挨拶を述べて士気を高め、信用渉外担当者やライフアドバイザーらがそれぞれに登壇して決意表明を行いました。
 地域に密着した金融機関として、地域の皆さまに信頼され選ばれるよう努めてまいります。


カルチャースクール開講
生活に彩りと楽しみを    4月12日(水)
 4月に入り、26教室(受講生295人)のカルチャースクール開講式が続々と行われました。
 今年度から、堅田ふれあい調理室での料理教室やそば打ち教室が新たに開講。本店で開講当初から人気の男の料理教室も、堅田で開かれます。これまでのカルチャースクールにも新しい受講生が増え、同じ趣味と目標をもって集う仲間との交流や物事に真剣に取り組む時間を大切に、男性も女性も生活の中の楽しみとして励まれています。
 現在開講中のカルチャースクールの他にも、こんな教室を開いてほしい、こんな一日体験教室をしてほしいなどご要望があれば、お気軽にお近くの支店・出張所、または管理部地域ふれあい課までご連絡ください。
 生活の中の「彩り」や「楽しみ」を、JAレーク大津がお手伝いさせていただきます。
パン教室 パッチワーク教室 料理教室
他にも続々と開講しました。皆さん受講を楽しんでください!  


TAC進発式
農家の満足度向上と地域農業の振興を    4月14日(金)
JAと農家のかけはしを担うTACが、今年度も出向く活動を精力的に展開してまいります。
 TAC進発式を、当JA本店で開きました。
 今年度は、平成30年産以降の主食米の取り組みについての啓発活動やタブレットを活用した相談活動を充実し、認定農業者や法人・集落営農のほか、選定した146の担い手農家を対象に、TAC専門員が恒常的に出向く活動を実践します。また、「華麗なる大津野菜」をテーマに園芸作物の生産拡大にも引き続き取り組んでまいります。
 進発式では、「農家組合員の意見や要望を把握して信頼関係を深め、JA事業の拡大と地域農業の振興を図ります」と、TAC専門員が決意表明をしました。


JAレーク大津女性部総代会
女性が活躍し輝く活動を    4月20日(木)
遺伝子組み換えに関する講演をしていただきました
 JAレーク大津女性部の平成29年度総代会が本店で開かれました。平成28年度の活動と収支決算が報告されたほか、平成29年度の活動計画と収支予算案、新役員・新委員などについて協議され、全議案が承認されました。
 「JA女性、踏み出す勇気、学ぼう伝えよう地域とともに」をテーマとして2年目。仲間づくりや食と農を基軸に、魅力のある活動を続けて実践していきます。「女性がJA運営により参画できるよう、女性部の力を一丸としていきたい」と部長が挨拶されました。
 同日、『食の安全安心について〜遺伝子組み換え最新事情〜』と題して、印鑰智哉(いんやくともや)さんに講演いただきました。
 遺伝子組み換えという言葉を耳にしたことはありますが、「多くの農薬を使った作物や、それを飼料とした動物には、発ガン性物質が確認される」など、お話しいただいた内容は家族や自分たちの体にも大きな影響を与えるものであるという衝撃的なものでした。


JA直売所で春の苗まつり
地元農家の夏野菜苗が好評    4月21日(金)〜23日(日)
 グリーンファーム堅田店で3日間、春の苗まつりを開きました。地元農家が生産された夏野菜苗を販売しており、「いつ開催されますか?」と問い合わせをたくさんいただくほど、毎年好評となっています。今年もトマト、ナス、キュウリなど多種類の野菜苗をはじめ、花の苗も販売しました。
 消費者は、「いい苗がそろっていて嬉しい」「安心して買える」と笑顔で、苗生産農家の方は大変誇らしげでした。
 苗を購入される際には、ぜひ当JA直売所にお立ち寄りください。


がんばるぞう2017全役職員集会
JA自己改革を実践、親しまれるJAへ    4月24日(月)
役職員集会を開き、全員の意思を統一。続けて、コンプライアンス研修を行いました。
 当JA役職員が「がんばるぞう2017」と銘打って役職員集会を開き、求められるJA自己改革を実践して地域社会に貢献し、親しまれるJAとして根付いていけるよう、各担当部長が今年度の重点項目を説明しました。


農業組合長会議
農業所得の増大を目指して    4月28日(金)
農業組合長会議が大津市役所で開かれ、136農業組合の組合長らが参加。
 管内136農業組合の組合長や担い手農家。農業委員、各関係機関が参加のもと、平成29年度農業組合長会議(大津市農業再生協議会主催)が大津市役所で開かれました。
 JA全農しがから米穀の情勢が報告されたほか、近畿農政局から米政策の見直しなど米をめぐる状況が報告され、大津市再生協議会から平成29年度水田フル活用ビジョンについて説明されました。また、滋賀県農業共済組合やJAから水稲細目書異動申告や米穀出荷契約書・栽培管理記録の記入方法などの説明も行われました。
 農業情勢のめまぐるしい変化に対応するべく、参加者らは熱心に説明に耳を傾けておられました。当JAも農業者の所得向上に向けて関係機関と連絡を密にし、支援してまいります。


その他4月のトピックス

4月1日(土)
〜2日(日)
JAレーク大津杯 晴天のもと、少年サッカー大会


バックナンバー 3月のトピックス ▲ページトップ 
Copyright (C) 2017 JAレーク大津 All rights reserved.