新米のころになると、日本人の表情がひときわ明るくなったものです。稲刈りの季節というのは、水田ばかりでなく、日本中の山も川も海も食材で満たされたのです。まさに、どこへ行っても「天高く馬肥ゆる秋」状態になりました。畑ではサツマイモが取れ、山では栗やクルミ、山ブドウ、そして里では梨、柿、ブドウ。川では子持ちの下りアユが丸々と太り、海にはサンマがやって来て、山の幸、海の幸が次々と食膳に載りました。

稲刈りのころになると、その前に田の水を抜くから、太ったドジョウが水口に集まり、夕方のどじょう汁になりました。どじょう入りのカレーもありましたが、あまり人気はありませんでした。しかし、子どもたちは面白がって大騒ぎ。

昨日こそ早苗とりしかいつの間に稲葉そよぎて秋風の吹く

『古今和歌集』の中の詠み人知らずの作品で、「田植えしたのは、つい昨日のことのように思えるのに、いつの間にか秋風の吹く季節になってしまった」という意味。
時の早さに驚くと同時に、稲に対し、立派に育ってくれてありがとう、という愛情がにじみ出ています。

新米というと、今でも稲作農耕民族・日本人の血が騒ぎます。豊年満作を感謝する秋祭りの太鼓の音を、遠い記憶の中からよみがえらせてくれるのも新米のほかほかご飯。
「米が取れたらよォ 米のおまんま食えるよォ 富士の山ほどよォ 生みそ添えてねー」雪のように真っ白い大盛りご飯に生みそを添えて、好きなだけ食べられる秋一番のごちそうという意味。新米はそのくらい魅力がありました。
確かに新米ご飯はみずみずしい香りもあって、いくらでも食べられたものです。そうはいっても食べ過ぎは、消化不良を起こしかねません。そこでアミノ酸たっぷりで、ご飯の甘さを引き立てる生みそを付けました。生みそには酵母やこうじ菌に加えて消化酸素もたっぷりですから、消化を良くする上でも役に立つ健康食だったのです。

You can add up to 10 elements, position them left or right, change vertical position, change icon img, background color and more...
myStickyElements is simple yet very effective plugin. It is perfect to fill out usually unused side space on webpages with some additional messages, videos, social widgets ... more about plugin