JAレーク大津

JAレーク大津
HOME サイトマップ リンク 個人情報について 採用情報
JAレーク大津の紹介
事業概要
店舗一覧
ディスクロージャー
インフォメーション
What's new
キャンペーン情報
お知らせ
女性部
年金友の会
営農情報
農事メモ
家庭菜園
経済事業
地元野菜直売所
JAバンク
JA共済
おすすめ特産ページ
エンジョイライフ
大津市観光案内情報

本店周辺ぐるっと散策

JAレーク大津の本店は、滋賀県大津市、JR膳所(ぜぜ)駅から琵琶湖側に向かって徒歩約十分のところにあります。近辺には、近代的な施設や歴史的にも貴重な遺跡、美しい景色など見所がいっぱいです。さあ、このページでご一緒に本店の周辺を散策してみましょう。まずは最寄り駅から・・・。


JR膳所駅です。JRでは本店の最寄り駅です

JR膳所駅です。JRでは本店の最寄り駅です

 

JR京都駅から、びわ湖線の上り線に乗ると次が山科、その次が大津、そしてその次がJAレーク大津本店の最寄り駅の膳所(ぜぜ)駅です。

京阪電車の京阪膳所駅が隣接しています。


JR膳所駅に隣接する京阪膳所駅

JR膳所駅に隣接する京阪膳所駅

 

JR京都駅からJR膳所駅まではわずか11分。京都から近いでしょう? 滋賀県は京阪神のべッドタウンとして年々人口が増加しています。

本店の近辺も数年の間に多くのマンションが建ち並びました。


膳所駅から駅前通り(ときめき坂)を琵琶湖の方(北)に向かい歩いて下って行くこと数分で、日本の道百選にも選ばれている、並木の美しい湖岸通り(県道大津草津線)の交差点に出ます。

右に西武大津ショッピングセンター、左に大津パルコがあります。

この写真ではパルコの向こう側にJAレーク大津の本店があります。

パルコの向こう側にJAレーク大津の本店があります。

 

約25年前に県下初の百貨店として誕生した西武大津ショッピングセンター

約25年前に県下初の百貨店として誕生した
西武大津ショッピングセンター


湖岸道路をパルコ方面(西)に進路を取り、パルコの綺麗な外壁を見上げながら通りすごし、ふと目線を一筋奥へやるとJAレーク大津の本店が。

 

本店周辺は、びわ湖を埋め立てて造成された土地です。先ほどのパルコや西武大津ショッピングセンター、後で出てくるびわ湖ホールやNHK大津放送局、大津プリンスホテルもこの埋め立て地に建てられています。

昭和30年代から、この地一帯の埋め立て工事が始まりました。昭和43年にはこの埋立地を舞台にびわ湖博覧会が開催されました。

本店の建物は翌昭和44年、旧大津市農協の本店として建設されました。以降何回かの増改築を重ね今日に至っています。


県の複合施設、ピアザ淡海

県の複合施設、ピアザ淡海

 

本店の裏口を出ると、ピアザ淡海(おうみ)、そして圧倒的な迫力でびわ湖ホールが現れます。いずれも滋賀県の公共施設です。

ピアザ淡海はホテルやパスポートセンター、自治研修センターなどからなる滋賀県の複合施設で、JAレーク大津は毎年の通常総代会を、ピアザ淡海の大ホールで開催させていただいています。


シドニーのオペラハウスをほうふつさせるびわ湖ホール

シドニーのオペラハウスをほうふつさせるびわ湖ホール

 

びわ湖ホールは、大ホールには国内有数の4面舞台が設置されるなど、最新設備と優れた音響を誇る芸術劇場。

演劇やオペラ、バレエ、ミュージカル、クラッシックなどが公演されています。ちなみに、こんなに近いのに私はまだ入ったことがありません。


美しい琵琶湖。バックの山は比叡山です

美しい琵琶湖。バックの山は比叡山です

 

ピアザ淡海とびわ湖ホールの間の道を進むと、眼前に日本一の湖・琵琶湖が現れます。

本店建物から歩いて5分ほどの距離です。どうです?美しく雄大な眺めでしょう。まさにマザーレイク。こちらから見えるのは琵琶湖大橋より南に広がる南湖です。北湖はさらにこの何倍もの大きさです。


湖岸道路沿いにあるNHK大津放送局

湖岸道路沿いにあるNHK大津放送局

 

今来た道を逆に山手(南)に向かうと再び湖岸通りに出ます。右手にはNHK大津放送局。さらに右(西)の方に進むと大津中央郵便局。大津中央郵便局から琵琶湖の方を見ると、お城の形をした建物、県立琵琶湖文化館が見えます。


お城の形をした博物館・琵琶湖文化館

お城の形をした博物館・琵琶湖文化館

 

琵琶湖文化館は昭和36年に建設された博物館。今は仏教美術を中心に展示を行っています。

かつては水族展示も行っていましたが、琵琶湖博物館が草津市の琵琶湖岸に建設されてから、水族展示は琵琶湖博物館に移りました。


「明智左馬之助湖水渡り」の石碑

「明智左馬之助湖水渡り」の石碑

 

文化館の前に石碑が立っています。「明智左馬之助湖水渡りのところ」とあります。

説明書きによりますと、本能寺の変が起き、光秀の弟左馬之助は信長の居城安土城を攻めていたが、光秀が秀吉に敗れたことを聞き、急ぎ坂本城に引き返す途中、打出浜より路を湖水に求め、愛馬にまたがり琵琶湖を渡り坂本に帰った。しかし時すでに遅く…とあります。


京阪電車では石場駅が最寄り駅です

京阪電車では石場駅が最寄り駅です

 

ちょっと本店から西に行き過ぎましたので、といっても直線距離で500メートルほどですが、戻りましょう。

またまた湖岸通りに戻り本店方面に向かいます。右手に湖岸通り沿いに走る京阪電車の小さな駅・石場駅(びわ湖ホール駅)が見えてきます。京阪電車では、JAレーク大津本店の最寄の駅はこの石場駅になります。ここから本店までは徒歩約3分。


真新しい大津警察署の建物

真新しい大津警察署の建物

 

本店の道向かいには大津警察署がそびえます。

平成14年に建替えされたばかりの新しいぴかぴかの大きな建物です。


源義仲、松尾芭蕉ゆかりのお寺、義仲寺

源義仲、松尾芭蕉ゆかりのお寺、義仲寺

 

本店を通り過ぎ、湖岸通りから今度は一筋山手に入ってみましょう。ちょうど警察署の裏手の細い通りを東に向かうと右手に義仲寺(ぎちゅうじ)が見えてきます。

義仲寺の名は平安時代末期の武将、源義仲を葬った塚のあるところから来ています。俳人松尾芭蕉の墓もここにあり、境内には芭蕉の句碑も多くあります。句会も催されています。


大津プリンスホテルは滋賀県初の本格高層建

大津プリンスホテルは滋賀県初の本格高層建

 

義仲寺の前の通りをさらに東に進むと、最初に歩いた「ときめき坂」と交差します。この交差点を左に曲がると、再び湖岸通り、西武大津ショッピングセンターやパルコがあります。

今度はここから東に進路を取ります。湖岸通りを東に向かって歩いて行くと左手、琵琶湖側にキラキラ光る超高層建築、大津プリンスホテルが見えます。全室から琵琶湖が見えるという設計で、琵琶湖側は円形、ちょうどかまぼこを立てた形です。


湖岸のドイツレストラン・ヴュルツブルク

湖岸のドイツレストラン・ヴュルツブルク

 

プリンスホテルを見ながらさらに進むと湖岸通りは大きく南方面に曲がります。左手道沿いにドイツレストラン・ヴュルツブルクの建物が見えます。ヴュルツブルクは大津市の姉妹都市のひとつ。

このレストランの周辺で、毎年大津市主催の「花フェスタ」が開催されています。JAレーク大津も参加しています。


カモメの大群発見。遠くに見えるのは近江大橋です

カモメの大群発見。遠くに見えるのは近江大橋です

 

さてこのレストランの敷地を横切らせてもらうと、そこには再び琵琶湖が広がります。釣り人やカモメがのんびりとした時間を過ごしています。


遊歩道も整備され、自転車で走ると気持ちいいです。

遊歩道も整備され、自転車で走ると気持ちいいです。

 

大津港から粟津までの琵琶湖岸に広がるこの公園は「なぎさ公園」と名づけられ、延長4.8km、面積25.6ha。散歩や日光浴、フィッシングなど人それぞれの楽しみ方ができる公園です。


さらに足をのばすと…

ここから先、南に向かうと、明治初期までその美しい姿を琵琶湖に映していた「膳所城」の本丸跡に作られた「膳所城跡公園」があります。

琵琶湖はやがて瀬田川にそそぎ、瀬田側沿いにさらに南に下ると、日本三名橋のひとつ「瀬田の唐橋」が見えてきます。唐橋を渡ると近江一の宮の「建部大社」。長い歴史と由緒を持つ全国屈指の古社です。もう一度唐橋に戻り、ここからまた南に行くと、紫式部ゆかりの名刹、「石山寺」があります。

本店から西、琵琶湖の湾曲に沿って北へ足を伸ばすと、大津港、近江八景の「三井の晩鐘」で知られる「三井寺(園城寺)」、大化の改新の後、大津京を開いた天智天皇を祭神とする「近江神宮」があります。

さらに北へ行くと、世界文化遺産「比叡山延暦寺」、神代の昔より比叡山に鎮坐する地主神、山王権現とも称される「日吉大社」、これら名刹の門前町として知られる「穴太衆(あのうしゅう)積み」の石垣が美しい街「坂本」など、歴史ロマンあふれる名所・旧跡が点在しています。

これらの名所は、いずれもJAレーク大津の管内で、本店からわずか10km以内に所在しています。

また、これらの名所の近くにも、JAレーク大津の支店があります。

JAレーク大津は大津市に13の支店・出張所があり、それぞれがすばらしい環境の中にあります。JAレーク大津にぜひお越しください。

Copyright (C) 2015 JAレーク大津 All rights reserved.